町議会議員選挙

高畠町議会議員選挙2019開票結果速報 立候補者一覧と当選者の情勢

任期満了に伴い2019年8月4日に投開票となった山形県、高畠町議会議員選挙(高畠町議選)。

こちらの記事では高畠町議会議員選挙2019の開票速報・開票結果・立候補者名一覧情報・当選者落選者についてまとめています。

立候補者の党派別内訳など選挙情勢についてもご紹介していきますので、参考にしてください。

高畠町議会議員選挙2019|開票速報と開票結果・当選者一覧

高畠町議会議員選挙2019の開票結果は地元自治体やNHKなどの開票速報が発表され次第随時こちらに記載していきます。

▼以下確定済み開票結果となります

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
941相田 日出夫50無所属団体職員
あいた ひでお
835中川 正昭73無所属会社役員
なかがわ まさあき
824.1平 誠44無所属会社役員
たいら まこと
811.59山木 義昭62無所属団体職員
やまき よしあき
710秋葉 晶子50無所属理容業
あきば あきこ
700伊沢 良治69無所属農業
いざわ よしはる
689関 陽介54無所属酒類販売・米穀集荷業
せき ようすけ
673.9近野 誠67無所属農業
こんの まこと
672鏡 善弘60公明農業
かがみ よしひろ
654菊地 英雄66無所属無職
きくち ひでお
589島津 正幸70無所属無職
しまつ まさゆき
559.41山木 由美55無所属無職
やまき ゆみ
553佐藤 仁一69無所属無職
さとう じんいち
547数馬 治男68無所属無職
かずま はるお
518直島 義友73無所属旅館業
なおしま よしとも
476武田 修67無所属麹・味噌製造業
たけだ おさむ
437高橋 純一60無所属農業
たかはし じゅんいち
422竹田 修一68無所属農業
たけだ しゅういち
398小松 政一74共産農業
こまつ まさいち
312横山 孝一63無所属行政書士
よこやま こういち

高畠町議会議員選挙2019の立候補者一覧から見る選挙情勢

こちらでは高畠町議選に立候補した候補者情報から選挙戦の情勢を見ていきたいと思います。

 

今回の高畠町議選は、定員15に対して立候補者は20名。前回2015年の定数と同じです。立候補者は2015年には18名、2011年も同じく18名の届け出がありました(2011年は定数17)。

 

次に立候補者を分析してみます。現職14新人4元職2人です。全体の平均年齢は63.1歳と高めの印象を受けます。立候補者世代別人数を見てみます。

年代人数
30代0
40代1
50代4
60代11
70代4

 

60代70代で15人の届け出があり、立候補者の75%を占めています。44歳が最年少で、30代の立候補者がいません。ちなみに党派別人数は以下の通りです。

党派人数
公明党1
共産党1
無所属18

前回と同じく公明党と共産党から1人立候補した以外はすべて無所属での立候補です。

 

高畠町の町議当選の傾向を把握するために、現職・新人・元職の当選率を2015年、2011年について算出してみました。

2015年人数(人)当選(人)落選(人)当選確率(%)
新人660100
現職129375
2011年人数(人)当選(人)落選(人)当選確率(%)
新人43175
現職13130100
元職110100

 

2015年は新人が全員当選し、2011年は現職・元職が全員当選しました。今回は前回初当選した現職が議席を守ることができるのか、元職2名が返り咲きを果たすことができるかに注目です。

投票率は2015年が63.97%、2011年は61.99%でした。

 

2015年は15位と16位の票差は44票と僅差の争いになりました。

定数が15になってから2回目の選挙戦、前回よりも3人多い立候補者であるため、前回を上回る激しい争いになりそうです。

山形県高畠町の特徴や抱える課題

高畠町は山形県の南東部に位置する内陸の町です。東置賜郡に属し、北東部で宮城県の七ヶ宿町、南東部で福島県福島市と接しており、3県が接する境界地域となっています。県内の自治体とは、西で川西町、南で米沢市、北東部で上山市、北西で南陽市と接しています。総面積は180.26k㎡を有しています。

 

1954年10月に旧高畠町を含む1町4村が合併し社郷町になり、翌年糠野目村を編入し高畠町に改称されました。「丘、山に囲まれた稔り豊かな住みよいところ」という意味を持つ古語「まほら」に由来する言葉である「まほろばの里」として知られています。

 

果樹栽培を中心とした農業が盛んであり、米やラ・フランス、さくらんぼ、ぶどうが特産品です。特にぶどうはデラウエアの生産量日本一を誇ります。

 

交通ネットワークはJR奥羽本線の高畠駅があり、山形新幹線の停車駅にもなっています。県庁所在地である山形市の山形駅へは所要時間約40分、山形新幹線で東京までの所要時間は約2時間20分です。高速道路は東北中央自動車道の南陽高畠インターチェンジがあります。一般道は国道13号と113号が通っており、新潟県や宮城県へ通じています。

 

山々や丘陵には、貴重な古墳や洞窟岩陰群が点在し、日向洞窟は国の史跡名勝天然記念物に指定されています。縄文時代最古の隆線文系土器等が発掘され、日本海側の草創期土器発掘の北限となっています。

 

高畠町では縮小していく人口と進行する高齢化が課題となっています。2010年の人口25,025人から30年後の推計人口は16,682人まで減少すると算出されており、生産年齢人口にいたっては30年で14,875人から7,016人まで大幅な減少が見込まれています。

 

人口減少により働き手が減少、第一次から第三次までの各産業で就業者数がほぼ半減し、経済活動の低下によって町全体の市場が縮小することが想定されます。

 

また、町税の減収と老年人口増加による社会保障費の増大で町の財政状況が悪化する恐れがあり、高畠町では第6次高畠町総合計画でまちづくりの基本方針を示しています。

  • めざす町の姿1「高畠町で子どもを産み育てたい人が増えている」

結婚、妊娠、出産を望む人が、ためらわずに安心して希望を叶えることができ、たくさんの子どもが生まれる町をめざします。

  • めざす町の姿2「みんなが楽しみながら子どもを大切に育てている」

町全体で子育てを支援する体制を強化し、子どもが笑顔で育つことのできる町をめざします。

  • めざす町の姿3「学びの場が充実して、魅力ある“高畠人”が育っている」

これまで培ってきた高畠町の伝統や文化を大事にしながら、学ぶことの楽しさを感じられる取り組みを進め、地域ぐるみで魅力ある“高畠人”を育てる町をめざします。

  • めざす町の姿4「技の継承と新たな取り組みで、産業に活力が生まれている」

地域の産業の連携により、高畠町らしい魅力ある「もの」や「サービス」が生まれ、活力あふれる町をめざします。

  • めざす町の姿5「夢や希望が実現しライフスタイルに合った働き方ができている」

様々な仕事のかたちや選択肢があり、高畠町で暮らすことに希望が持てる町をめざします。

  • めざす町の姿6「安心して生活できる環境があり、心豊かに暮らしている」

今ある自然環境を守り、ゆったりとした生活を楽しみながらも、暮らしやすさや安全安心につながる環境が整備された町をめざします。

  • めざす町の姿7「一人ひとりが健やかで、ゆるやかに支え合っている」

保健、医療、福祉の分野が密接に連携し、町民一人ひとりがゆるやかにつながって、心身共に健やかに暮らすことのできる町をめざします。

  • めざす町の姿8「年を重ねても誰もが自分らしくいきいきと暮らしている」

年を重ねても頼りにされ、住み慣れた地域で顔なじみの人たちに囲まれ、暮らし続けられる町をめざします。

  • めざす町の姿9「みんなで未来に向けたまちづくりを進めている」

多くの人が自分のこととして参画し、持続可能なまちづくりに挑戦し続ける町をめざします。

  • めざす町の姿 10「高畠町の魅力が伝わり、訪れる人、戻る人、移り住む人が増えている」

この地域で生まれ育った若者が地元に根付く、ふるさとに戻りたいと思う、そして町外から高畠町を選んで訪れる人が増える町をめざします。

 

全国の多くの自治体と同じように人口減少・少子高齢化が進む高畠町。笑顔があふれ、温かいつながりが実感できる町になるために、そして持続可能な「しあわせ」な未来を実現するためにも、皆さんの貴重な1票を投じてみてはいかかでしょうか。

error: Content is protected !!